2006年01月09日

動物性油と植物性油 お馬さんとシアバター

先日購入したお馬さん(馬油)を使い始めてから、すこぶるお肌の調子が良い。最近乾燥して赤みなんかの色むらが目立ってたんだけど、それが軽減された為か、何のファンデをつけても仕上がりキレイ。液状の馬油を買ったはずなのに、この寒さで固形化しているのは、この際気にしないでおくよ、お馬さん。

薬師堂

最近の夜のメニューは、まず洗顔後に馬油(薬師堂のソンバーユ液状)をなじませ、3分ほど放置。その後、化粧水をひたすら手のひらで入れ込む。(絶対、他人が見たら、もういいんじゃない?と、思わず声をかけずにはいられないほど、つけてると思われる)化粧水は気分によっていろいろ。生協で買える地の塩社のヘチマ水が、特にお気に入り。あとはアテニアの美白美容液をつけて、最後はザーネで蓋。

で、保湿アイテムで最近気にってるのが、ロクシタンのピュアシアバター。以前リップケアに使おうと思って購入したんだけど、あまりにもテクスチュア硬すぎで、携帯して気軽にリップケア・・・なんてことは到底できず放置してた商品なんだけど、これを目元の保湿に使うのが、ヘタなアイクリームを使うより効果があることを発見。

L'OCCITANE ロクシタン

ピュアシアバター

相変わらず、製菓用の無塩バターかよっっ?!と思うくらい硬いんだけど、使う分だけスパチュラで削ってヒーターで暖めれば、あっという間にクリーム状に。これをアイクリームとして目元に使う。少し重いので、夏場はどうかなーと思うけど、今時期はこのくらいの重さが、保湿してるって感じで安心。翌朝目の下がプリっとしてる。朝もメイク前に薄めに伸ばしておくと、日中の乾燥にも耐えてる使えるヤツ。

ロクシタンは、ローズの香りのボディミルクとかも良いんだよねー。でも、日本価格高すぎっすよ。フランスとかじゃ安いんだけど。個人輸入とかやればもっとお得に手に入るんだろうけど、とにかくハマると破産しそうな勢いなので、なるべく目を向けないようにしているブランド。シアバターはボディケアやヘアケアにも使えるようなので、近々大きい缶のを購入検討中だけど、その際、他の商品は見ない!!買わない!!と心してカウンターへ挑まなければ・・・自爆しそうだなぁ。_| ̄|○
posted by aya at 00:05| skincare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

続・落とすこと。

落とすこと。以前もお話しましたが、それ以外の落とすアイテムについてなど。。。

ふきとり化粧水

私は、朝は洗顔料を使わない。なぜかというと、朝の短い時間内に、洗顔料をすすぎ切る自信がないから。朝洗顔の目的って、夜中の皮脂分泌や埃なんかの汚れを落とすことだと思うんだけど、この手の汚れはぬるま湯洗顔で9割は落とせるとの事。それよりも、洗顔料のすすぎ残しの方が問題で、洗顔料をすすぎ切れないくらいなら洗顔しない方がマシだと思うんだよね。そんな訳で、朝はふきとり化粧水でふきとり→ぬるま湯洗顔という2ステップを実行。使用アイテムは、ちふれのふきとり化粧水(しっとりタイプ)

除光液

除光液。これはKATEのリムーバーを愛用。実はこの商品、そんなに良質な除光液ではないと思う。なのに愛用している理由とは・・・爪にやさしい除光液は他にもいっぱいあるけど、そういう「爪へのやさしさ」にこだわってる除光液って肝心な「ネイルの落ちぐあい」がイマイチなんだよね。爪にやさしい除光液を使っても、ネイルの落ちがイマイチだったら、落とすのに時間がかかってしまう。どんなにがんばっても、除光液という商品は大なり小なり爪に負担がかかるのは避けられない宿命なので、なら良質じゃなくても短時間でサっと落とせる除光液の方がいいのでは?と考えた。そんな訳で大容量で安価なKATEをリピート。

石鹸ライフ

ヘアケア。ついに石鹸シャンプーにチャレンジ。本当は白雪の詩(固形石鹸)を使いたかったんだけど、合成シャンプー体質を抜け切るまでは扱いやすい液体石鹸の方が良いという話を聞いて、お馴染みシャボン玉石鹸のシャンプー・リンスをセレクト。まだまだ使って数日目だけど、ちょっぴりギシギシするくらいで、大きなトラブルはなし。(と思う)石鹸シャンプーは慣れるまで難しいというウワサだったので、使い始めるまでは勇気がいったけど、まぁしばらく使ってみるかな。しかしシャボン玉石鹸って、地元北九州の若松の会社だったのね。ほー。

ポイントリムーバー

ポイントリムーバー、これは資生堂のリムーバーを愛用。しかしこれも、そんなに良質な商品ではないような・・・ポイントリムーバーに関しては、まだまだジプシー中。もっと良い商品を求めて、日々検索中。クレンジングはちふれのウォッシャブルコールドクリームを愛用。こちらは自信を持ってオススメできるお化粧落とし。クレンジングは絶対、クリームクレンジングかミルククレンジングが良いと思う。長年オイルクレンジングを愛用してきたけど、ミルクレ・クリクレに変えてからは、乾燥肌がずいぶん改善されました。

しかし上記以外でも、良いというウワサを聞けば探求は続く。だってそれが楽しいんだから。
posted by aya at 22:51| Comment(2) | TrackBack(2) | skincare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

冬のお供

さてさてさて♪今年もザーネの季節がやってきましたよー。

エーザイ<ザーネクリーム>115gデカボトル定価1155円(DS値引でさらにお安く)

昨年某掲示板で「ザーネはスキンケアにもいいらしい」という話を目にしたまなさんは、一般的にはハンドクリームとして知られる、ザーネクリームを顔に塗るという大胆な行動を起こしました。
最初はイマイチかなーと思いながらも、塗る量を加減したりしてるうちに、大手メーカーの高級クリームにも負けないんじゃないかという感触に変わったことに感激し、なんだかんだ激安ザーネでその年の冬を乗り越えてしまったのでした。

徐々に体にも使い始め、そして一番効果を感じたのが腕。
濡れてないのに濡れてるような感触で、しっとりもっちりうるおいを抱き込んでる感じ。
この感触にハマり、最終的にはお風呂上りに全身に塗りまくって、デカボトルをカラッと消費してしまったのでした。

今年はまだ他のクリームがあまってるので、とりあえずチューブタイプを買ったけど、そのうちデカボトル購入予定。

クリームはね、明色化粧品の<リモイストクリーム>も好き。
馬油配合のクリームで、「できるOLの必需品!!(だったかな?)」みたいなキャッチコピーがバーンッッ!!とプリントされてる、冗談みたいなパッケージのヤツなんだけど。
でも中身は冗談じゃなくて、これもザーネ同様しっとりもっちりになる優秀なクリーム。
ほんのりラベンダーの香りで癒されるところも好き。
量を考えるとザーネよりはコスパ悪いんだけど、これも1000円でおつりが来るチープもの。

今年の冬も、ザーネ&できるOLクリームで年越し♪
posted by aya at 19:35 | TrackBack(1) | skincare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

落とすこと。

スキンケア・ボディケアで一番重要な項目だと思う。

さまざまな商品をジプシーしまくってたどり着いた、とりあえず今のところの私の愛用品は、ねば塾の石鹸「白雪の詩」と「特選蜂乳クリーム石鹸」どちらもリーズナブルで大容量、でもちゃんと質も合格点。

白雪の詩

ねば塾「白雪の詩」はパームバージンオイルが原料の、不純物を一切取り除いた、真っ白な無添加純石鹸。
洗顔に使うにはさっぱりしすぎなので、こちらはもっぱら体用。
さっぱりしてるっていっても乾燥する訳ではなく、体に使う分には適度なうるおいで良好。
真冬は多少厳しいこともあるけど、ほぼ年中「白雪の詩」を愛用。
なんといっても無添加で安心して使えるっていうのが一番のオススメどころ。
この他にもねば塾の石鹸にはいろいろと種類があって、どれも人に安全な安心して使えるものばかり。

はちちち

一方顔用の石鹸は、某掲示板で「はちちち」の愛称で親しまれ、スーパーの棚の隅にヒッソリ佇む、誰もが一度は見たことあるけど名前は知らないと思われる液体石鹸「特選蜂乳クリーム石鹸」(注:はちちちではなくほうにゅう)
緩めの水っぽい泡立ちで、軽いメイクなら落としてしまうくらいの洗浄力あり、しかしながら洗い上がりはしっとりトゥルトゥル、香りがまたなんとも・・・そう例えるならばあれは田舎の仏壇の香り・・・みたいな非常に微妙な代物ですが、妙に気に入ってしまい、お徳用のデカボトルを激しくリピート中。w

石鹸や洗顔って毎日大量に消費するものだから、そんなにお金かけてはいられない。
でもきちんと汚れを落としていないと、その後にどんなに良いものを使っても効果半減なのは当然のことで、ヘタなものは選べない。

そう考えると、石鹸・洗顔選びは実はすごく難しいものなのかもしれない。
posted by aya at 22:17| Comment(6) | TrackBack(1) | skincare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

これからの季節・・・。

職場に「この人、コスメ大好きなんだろうなぁ」って、すごく伝わってくる人がいる。
いつもキチンとメイクしてて、多分<イエベ春>って感じの、とってもキュートな彼女。
普段あまり接触する事はないんだけど、今日は会話をする機会があった。

会話してる時、すごく気になったのが彼女の目元。ものすごく乾燥してることに気づいた。
きっと彼女は、私と同じ悩みを持つ人なんだろうな、と思ったら、すごく切なくなった。

ブルベの私とは雰囲気こそぜんぜん違うけど、下瞼にすごく負担がかかってそうな目元の作りは同じだなと感じた。

頬や唇の乾燥って、日中でも意外と手軽に、潤い補給が可能な場所だと思う。でも下瞼は・・・。

最近試してるのが、HABAのスクワランオイル。これを、メイク前に下瞼になじませる。
HABAのスクワランは、浸透が良いのでオイルなのにべとつかないし、へたなアイクリーム使うよりベースに影響が出なくて、その点はいいカンジ。
効果の方は・・・まぁ正直、マシにはなったかな?という程度なんだけど。

ただ、スクワランオイルにはヴィークル効果があるから・・・。下瞼にコンシーラー二刀流の私は、それがいまいち不安。

※ヴィークル効果:その次に与える成分の、浸透を助ける効果。
posted by aya at 19:50| skincare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

美白粉

ものすごい今更ですが、手に入ってしまいました、ブランダーム。
これは毎年1度販売される、資生堂花椿CLUB会員限定予約販売の2004年度の商品です。
資生堂がかたくなに固執し続ける(のわりには、あんまり効果がないとウワサされるw)美白成分、アルブチンを配合した、薬用ホワイトニングスキンケアパウダーで、夜のお手入れの最後に使う、まぁアレだね。エテュセのナイトアミュレットみたいなもんですか。

bd.jpg

2004年9月発売。もう1年経とうかとしてる2005年7月某日、またまた昼下がりの近所のダイエーで、コレはたった1つ、佇んでおりました。
予約販売だったのに何故?と疑問に思ったところ、販売員のおばちゃん(決して、お姉さんではないw)の話では、予約しそびれた人用に多めに発注してたらしくて、いよいよ最後の1個だそう。

発売当初、欲しいけど高いからパス(ケース込¥10500)って思ってた私は、その後の購入者のレポを読みながら、「やっぱ買っとけばよかった。ちっ。」と思ってて、でももう手に入らないと思ってたからあきらめてたんだけど、こう目の前に現物出されちゃうと・・・ねぇ。

私は資生堂の「そのへんで売ってる定番商品」にはさほど興味がないんだけど、定期的に出す「資生堂の技術・伝統を結集させました!!」的な気合の入った商品(パッケージに「唐草」や「花椿」をあしらっている資生堂商品は、気合が入ってると考えて間違いない)の大ファンで、めっぽう弱い。

ダイエーのキャッシュバック2倍セールだったことも手伝って、20%OFFでお買い上げしてしまいました。。。

この繊細な唐草模様の銀製ケースもすばらしいんだけど、パウダーの香りもまたすばらしい。<ティーローズエレメント配合>って、まさに私のツボをおさえてますな。(バラ好きな人)

美白効果はまだわかんないけど(つか、アルブチンには期待してないし)一日の締めくくりに究極の安らぎをくれる、ブランダーム。リフィルは¥5000なので、リピートするかもなぁ。
posted by aya at 19:27| skincare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

至高のバスタイムつぅー

お風呂、スキです。パート2。

湯船につかって、マッサージするのが日課です。実は得意♪マッサージ。

就職したばかりの頃、ノエビア化粧品の代理店をやっていました。別に「他人に販売して儲けよう」とか思ってたワケじゃなく、自分の分が安く買えれば・・・って理由で始めた代理店契約だったんだけど、研修とかそれなりに参加させてもらっていました。

そこで学んだものは、
・お肌の仕組み、基礎知識
・基本のお手入れ法
・パーソナルカラー論理
・メイクや洋服の色あわせ
そして、フェイシャルマッサージ。

マッサージには「絶対やっちゃいけないこと」ってのがいくつかあるんだけど、それさえ守ればそんな本格的じゃなくても、毎日コツコツ続けることに意味があるんだよ。

定期的に、資生堂のスキンビジオムでお肌の状態を見てもらってる。私の肌は水分量が極端に少なくて、でも油分はほぼ正常なので、その結果乾いてるのにテカっちゃうっていう、典型的な混合肌なんだけど、ハリやターンオーバーなどの肌内部の状態は、いつも満点。これは日々のマッサージのおかげだと、実感してる今日この頃。

マッサージに使うクリームは、アテニア製品がお気に入り。アテニアはマッサージ&パック類が充実してて、安価なのに質が良い。継続して使うと割引率が大きいところもお気に入り。
個数限定や期間限定製品が多いのがタマにキズなんだけど、1つ使い終わる頃には次の限定新製品が出てくる感じなので、意外と困らないんだ。スキスキv

お肌に毎日適度な刺激を。これが大事。
posted by aya at 20:36| skincare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

至高のバスタイム

お風呂、スキです。l.jpg

最近の入浴剤のお気に入りは、ラックススパモイストのバスエッセンス、ブルガリアンローズの香り。
バラの香りって、質の悪いやつだと安っぽくなりがちなんだけど、これはなかなか許容範囲で、デイリーに使う分には十分。オイル成分配合で、保湿効果も感じます。お湯に溶かすとミルキーホワイト色。

しかし。入浴剤といえば、本当はLUSHの入浴剤が大好きなんだよね。中でも、バブルバーがスキです。泡風呂のもと。
でもLUSHはナニゲに高価なので、毎日使えないのが残念。
常に常備はしてるけど、明日は彼氏とおでかけvなどなど、特別な日の前日に使うようにしてます。

バスタイムはマイ・エステルーム♪
posted by aya at 20:28| skincare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月22日

古き良き時代。

資生堂ドルックス。名前は知らなくても、きっとみんなどこか記憶の片隅にある、それは幼い頃のおばあちゃんの鏡台だったり、お母さんに抱っこされた時に微かに感じる香りだったり。

d.jpg

ドラックストアの棚の一番下の、さらには隅っこの方に、肩に埃をかぶりながらも健気に佇んでる、ノスタルジックなその外見。こういうのに弱いんだ、私。古き良き時代のものたちって。
(私の路面電車好きも、ここから来ているんです。私が幼い頃、私の住んでる町には路面電車が走っていたのです。チンチン電車。スキ。)

ドルックスのラインに、水色の収斂化粧水があるんだけど、この化粧水の香りが大好き。
資生堂の最高級香水「ホワイトローズナチュラル」っていうのがあるんだけど、私が小さい頃お母さんが使ってたんだよね。香りはもちろんな事、この香水ビンがまた、クリスタルカットガラスでものすごくキレイなの。あんまりキレイだったから、空になって捨てられるのがもったいなくって、お母さんが使い終わった空ビンをもらって、机の上に飾ってました。

この香水、現在定価\22000也。(昔はもう少し安かった記憶があるんだけど。)とてもじゃないけど買えない。

そ・れ・が!!
ドルックスの水色収斂化粧水、香りがそっくりなんだよー。まぁ、私の香りの記憶も曖昧になっちゃってると思うけど、でも多分、とても近い香りだと思う。
ドルックスのラインの中で、一番リピートしてるのが、この水色収斂化粧水。オードルックスアストリンゼントマイルド。定価\600也。リーズナブルw(*゜o゜)w
ベースメイクの仕上げミスト、化粧直しのミスト、さらにはコロン代わりに、大活用してる。・・・本来の収斂化粧水としての利用は、鼻パックのあとくらい?w

ピンクの柔軟化粧水も好き。オーダレスシリーズの。

ドルックス、いいよね。発売当時は、今で言うクレドみたいな、資生堂の中の最高級ラインだったらしい。
派手な値上げもせず、地道にがんばっている、こういう商品には、実績があるし安心感もあっていいなぁ。

アルビオンライン使いやノエビアライン使いしてた頃は、まぁ、肌の調子は良かったけど、なんせお金が・・・続かない。
ドルックスに変えてからも、肌の調子は変わらず良いです。なーんだ。

まぁ、あれだね。きちんと手入れを毎日毎日続けることが大事なんだよね、きっと。

化粧品って、生活必需品な消耗品じゃない?高価な贅沢品じゃないと思うの。
安くて欲しい時に手軽に手に入るっていうのは、すごく大事な事だと思うんだ。

思えば、私が初めて本格的に揃えた基礎化粧品は、資生堂のプルミエだった。(その前もエルセリエとかシピとか使ってたけど。)プルミエは今じゃもう販売してないし、そのプルミエの後継ブランドだったオプチューンも今はもう販売してないよね。
そういうのって、おかしくない?まぁ、考え方は人それぞれだし、年々歳もとって行くのでそれ相応にお手入れも変えていかないといけないのは当然なんだけども。

私は、いつでも欲しい時に手に入って、ずっと長くお付き合いできる化粧品を使いたいんだ。
私はそういう基準で、基礎化粧品を選んでるんです。
posted by aya at 20:23| skincare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月03日

オパールゥー!!!

って、何者??!!三香堂のオパール。
さまざまなアヤシイお話を聞きますが。(w 肌荒れ・吹き出物にはもちろん、頭につけたら毛が生えるだの、水虫につけたら(・∀・)イイ!!だの、風邪には飲んだら効くだの、何年も寝かせると良いだの、たまには陽に当てるとなお良いだの、etcetc・・・。
 
匂いがすごいっていうけど、私は大丈夫でした、この匂い。漢方?っていうか、薬草?の匂い?効果ありそうで、こういう匂いはスキ。

悪いところにはピリピリしみて、健康なところにはなんともなくて、そのピリピリは効いてる証拠だとか。
しみる人は薄めてねって事だったけど。。。
おそるおそる使ってみたけど、なんてことはない、まったくしみませんでした。健康な肌なのかな?私。
ちょっと期待してたんだけどな、ピリピリって。(w

これ使うようになってから、生理前の吹き出物がピッタリおさまりました。すごい。
最近、吹き出物できてもすぐ治るんだけど、跡が残りやすくて、悩みだったんだ。
美白がんばると、白くはなるけど、逆に吹き出物跡が目立っちゃってて。
でも、オパールのおかげで、新たな吹き出物はできてないっす。うれしいvvv
あとは、跡を消すだけ。ピンポイント美白っすね。
posted by aya at 00:01| skincare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月02日

へちま水

一生の化粧水だと思っていたスキコンと、共に使用して行こう!!と思えた、化粧水。(あくまでもスキコンは必須。)
グリーンコープのグリーンデュウ。熊本の地の塩社のへちま化粧水なんだけど。

これはへちま水100%ではないんだよ。本当は100%のがいんだろうけど。手に入りにくいし、保存も大変だし。。。
有名な庄内とかひだまりとか、通販しちゃうと送料の方が高くなるんだよね。(オークションとかも、送料バカにならないんだよ、九州って。涙。)

100%使ってみたいんだけどなぁ。とりあえず、今はこれで満足。サッパリした使い心地で、お野菜系の香りがなんだか肌に良さそう。おお!!って言う、劇的な変化はないけど、刺激もないし・・・。なんと言っても、肌にグングン吸い込まれて行く感触がいいの。

化粧水って、そんなに劇的な変化を望んではいないから。安価で安心してバシャバシャたっぷり使えるものがいい。
そんなわけで、最近は毎日コレ。
posted by aya at 22:54| skincare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年10月16日

スキコンと私

私はスキコン(アルビオン スキンコンディショナー)が好きだー。見た目だけで「何だかききそう。」と思わせる、あのいでたち。いかにも「肌によさそう。」 なあの香り。それだけで、もうお気に入り。

使ってみて、またびっくり。確実に肌がキレイになるの。美白成分もアリ。保湿成分もいいかんじ。(冬は頼りないけど・・・。)紫外線で、ほてった肌にもよし。

疲れたときはパック。もちろんスキコンで。資生堂のローションマスクをひたひたに浸して、パックするコト10分。ハトムギパワー全開。

時間に余裕があるときは、ひたすらパッティング。100回、200回と。よーくパッティングすれば、もうスキコンだけでOKなんじゃないか、と思うほどしっとり。

小サイズ、中サイズはガラス瓶なのに、大サイズだけプラ容器になってる心使いもまた!!(大サイズでガラス瓶だと、重くて使いづらいよ、きっと。)

私は、化粧水は一生スキコンだなぁ、きっとね。今更、他のためすのもコワイし。

追記・・・。
スキコンはね、35ml(だっけ?)のチビボトルが、実は一番お得なんだよ。。。デカボトルよりお得なんだよ。。。
; ̄ロ ̄)!!
スキコンマスクもね、自分でしみ込ませるより、しみ込んでるマスク買った方が、お得なんだよ。。。
; ̄ロ ̄)!!
こないだ、店員さんにそれを話したら、店員さんも、
; ̄ロ ̄)!!って顔をしました。w

アルビオン・・・謎。
posted by aya at 00:06| skincare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。