2005年10月24日

名脇役

メイク時に欠かせない、ツールたち。
「良いブラシを使うことが、メイク上達への近道」なんて、くやしいけどその通り。
天然毛のメイクブラシ達たちは、高価ではあるけれど、それ以上の仕事をしてくれる。

携帯用

携帯用ブラシたち。
・コスメデコルテきのこブラシ
・ポール&ジョーアイシャドウブラシ
・ワトゥサフェイスブラシ

携帯時にも質の良いブラシが使いたい、と思って集めたブラシたち。特にデコルテのきのこブラシは、お泊り時フェイス・チーク・ハイライトと、大活躍。ポール&ジョーのアイシャドウブラシは、ほとんどビジュアル買い。w

め

目まわり1。
・ケサランパサランビューラー
・マリークワントノーズシャドウブラシ

ケサパサのビューラーは、持ち手が金属ではないので滑らずに、少しの力で楽にカールアップ。マリクワノーズは、眉頭のくぼみにジャストフィットする絶妙なカットで、狙ったところにノーズシャドウが入る優れもの。

めめ

目まわり2。
・ケサランパサランスクリューブラシ
・ケサランパサランアイブロウブラシ
・イプサマスカラコーム

ケサパサのスクリューとアイブロウは、実は正規品ではなくキットについてた所謂ノベルティ。とはいえ、ちいさいけどきちんと役割はこなしてくれる、愛用品たち。イプサのマスカラコームは、櫛の部分が金属なので、まつげを1本1本繊細に梳かすことができる。

めめめ

目まわり3。
・ナショナルまつげくるん(ホットビューラー)

ポーチの中で場所をとり、一緒に入ってるコスメたちの傷の元になりがちな、ビューラーというアイテムを持ち歩きたくない私の救世主的アイテム。もちろん機能的にも優秀で、目尻2〜3本が勝負と言われるまつげ作り、普通のビューラーでこの2〜3本を上げようとするとテクニックが必要だけど、まつげくるんならノーテクでOK。

cheek

チークもの。
・ポーラドルフクリームチークブラシ
・@コスメ携帯用フェイスブラシ

クリームチークやリキッドファンデ用のナイロン毛ブラシは、さまざまなサイズが揃うポーラドルフが好き。ポーラドルフはブラシクリーナーも逸品。
@コスメ×白鳳堂コラボのフェイスブラシは、パウダー掃い用として。また、チークをまぁるく入れたいときにも使用。

KP

今狙ってるのは、チョモットのハイライトブラシ。
チョモットのブラシも筆の里・熊野の白鳳堂コラボで、期待大。ブラシ、いっぱい持ってるのにどんどん欲しくなる。

「良いブラシを使うことが、メイク上達への近道」は本当。
多少チープなコスメでも、ブラシが良いと見違える。
posted by aya at 00:05| etc* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。